ネット婚活で出会って、不動産投資詐欺にあった!

ネット婚活詐欺・不動産販売の内容

最近では、男女の成婚率が徐々に落ち込んできているとよく言われます。多くの人が仕事やプライベートに忙しく、なかなか、結婚相手探しに、本腰を入れられずにいる現状がそこには、広がっています。しかしながら、それでも、結婚したいという希望だけは、強く抱えた人も数多く存在しているのも事実。

 

そうした人たちにとってネット婚活は過去の概念を覆す、全く新しい結婚相手探しの手法と言えるでしょう。

 

ネット婚活詐欺

 

ネット婚活は自らの顔写真やプロフィール、一言メッセージなどを添えることで、他の多くのユーザーにアピールすることが可能です。そうやって日々、パソコンやスマートフォンで自分の空いた時間にアクセスすることによって、会員どうしが、簡単にネット上で気に入った相手を探せようになるのです。このように大変便利なネット婚活である一方、最近ではこのネット婚活を悪用した、詐欺事件が多発しているのも事実です。

 

確かにネット婚活には、職業が年齢・収入や学歴など、自分のことを知ってもらう為に多くの個人情報を掲載します。実際に、書き込んでるところが多い人程、本気度が高い人ととして、評価が高くなるのも事実です。

 

しかし、騙してやろうと思っている人間にとって、この情報は、ターゲットを探すの物色する為のものと考えているのです。詐欺の内容には様々なものがありますが、特に多いのが本人に、思いを寄せているように近寄ってきて、最終的には二人きりになったところで、将来の話をしつつ・・・。

 

不動産投資の話を持ちかけてくるというもの。

 

将来の話をする際に、プロポーズをしてというわけではなく、将来を考えると、購入しておいたほうが良いよねぇ・・・。自分に、そう言うことに詳しい友人がいる!と、いった感じで、直接、結婚を約束してるわけではないので、結婚詐欺にもあたらない場合がほとんです。

 

また、第三者が介入できない死角を使って仕掛けてくるので、犯罪の発生に気付くのが遅くなってしまうのもこれらの詐欺行為が蔓延する理由の一つとなっています。

 

ただし、最近のネット婚活ではこれらの詐欺事件を防ぐ為にも、事前の登録情報の確認などがより入念に行われるようになっています。身分証の提示を求めたり、電話確認を行ったり、あるいは課金制にしたりすることによって、不純な動機を持った参加者が入り込む余地をできるだけ無くそうとしているのです。